医学部 基礎医学病理学ⅡPathology II

JapaneseEnglish

研究室HP

40年誌写真-2

肺癌と骨軟部腫瘍の浸潤・転移機構を中心に、様々な腫瘍性および非腫瘍性疾患の発症・進行に関わる分子機構に関し、学内外の臨床講座からの大学院生や若手研究者と共に活発に研究を展開している。従来のヒト材料を用いた形態学的および遺伝子・分子の発現解析に加え、動物実験モデルの作製や培養細胞を用いた最新の分子病理学的手法の導入による遺伝子・分子の in vitroならびに in vivoでの機能解析も行い「病理形態と分子病理の統合」を目指している。現在、1.肺癌及び骨軟部肉腫の浸潤・転移に関わる分子機構の解明、2.組織幹細胞を利用した再生医療のための基礎研究、3.FISH法を用いた細胞遺伝学的解析の病理診断への応用の3つのテーマを軸に研究を行っている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211 +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-2484 +81-76-286-2484 / Email: z-ueda@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 上田 善道 上田教授

准教授

  • 佐藤 勝明

助教

  • 島崎 都

技術員

  • 谷口 綾佳

秘書

  • 池林 瑞恵

主な研究業績

部門別研究業績

  • Yasuo Sakai, Lihua Tang, Yoshimichi Ueda and Shogo Katsuda: Effects of oral administration of tripeptides derived from type I collagen (collagen tripeptide) on atherosclerosis development in hypercholesterolemic rabbits.
    J Biosci Bioengineer (JBIOSC) 119: 558-63, 2015
  • Ichiseki T, Kanefuji A, Ueda Y, Nakagawa S, Mikami T, Fukui K, Matsumoto T: Osteonecrosis development in a novel rat model characterized by a single application of oxidative stress. Arthritis Rheum 63(7): 2138-2141, 2011
  • Yuichiro Machida, Yoshimichi Ueda, Miyako Shimasaki, Katsuaki Sato, Motoyasu Sagawa, Shogo Katsuda and Tsutomu Sakuma: Relationship of aquaporin 1, 3 and 5 expression in lung cancer cells to cellular differentiation, invasive growth and metastasis potential. Hum Pathol 42: 669-78, 2011.
  • Yoshimitsu Kanazawa, Yoshimichi Ueda, Miyako Shimasaki, Shogo Katsuda, Norio Yamamoto, Katsuro Tomita, Hiroyuki Tsuchiya: Down regulation of plakoglobin in soft tissue sarcoma is associated with a higher risk of pulmonary metastasis. Anticancer Res 28: 655-64, 2008.
  • Katsuaki Sato, Yoshimichi Ueda, Junichi Sugaya, Mamoru Ozaki, Masanori Hisaoka, Shogo Katsuda: Extrauterine endometrial stromal sarcoma with JAZF1/JJAZ1 fusion confirmed by RT-PCR and interphase FISH presenting as an inguinal tumor. Virchows Archives 450:349-53, 2007.

主な外部研究資金

  • 平成 26-28年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)代表 上田善道「細胞膜スフィンゴ脂質のラフト形成を介した肺腺癌浸潤・転移への関与の解明」
  • 平成22-24年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)代表 上田善道「骨軟部肉腫の転移と抗癌剤耐性に関わるアクアポリン分子種の同定と分子機構の解明」
  • 平成21-22年度文部科学省科学研究費若手研究(B) 代表 島崎 都「肺腺癌微小乳頭状成分の高侵襲性に関わる遺伝子パスウェイの検索とその応用」
  • 平成19-20年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)代表 上田善道「肺癌進展における HMGA2遺伝子の発現誘導機構と活性化パスウェイの網羅的解析」
  • 平成17-18年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)代表 上田善道「肺癌進展に関わる癌細胞・宿主相互応答遺伝子発現解析パネルの開発と応用」